3DCADでプロペラとモータをモデリング

Pocket

 3DCAD Fusion360を使用して、前回はArduinoをモデリングしましたが、今回はプロペラとコアレスモーターをモデリングしてみました。

 

 作図したコアレスモータはこんな感じです。

▼コアレスモーター▼


 8mm×20mmのコアレスモータです。外観のみで中身はモデル化してません。所有しているコアレスモーターと、いろいろなサイトでアップされている写真を参考に作図しました。(画像をクリックすると拡大されます。)

 

 概ね、押し引きのみでモデルは完了です。電線の材質感がいまいちです。

 

▼プロペラです▼


 全長80mm×ピッチ50mmの2枚羽のプロペラです。プロペラの知識がほとんど無いため、なんとなくで書いてます。ピッチの向きを間違えたため、逆回転仕様になってます。

 

<スポンサーリンク>

 プロペラの作図はロフトコマンドで作成。

 適当な位置で各プロペラ断面を作図。ロフトで繋いでフィレット掛けて、円形パターンで完了です。

 

 スプライン線とロフトガイドの使い方がいまいちわかりませんでした。使用方法がわかればもう少し凝ったプロペラも作図できると思いす。

 

▼Assyさせたところ▼

 

 レンダリングがいいですね。

 

 しばらくはこういったコンポーネント部品をメインに作図していくつもりです。

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL