EXCELで3次元の立体的な散布図グラフを描く方法

Pocket

 

 EXCELで、x、y、z座標の3軸データに一手間加えて3次元の立体的な散布図グラフを作ってみました。

 

 EXCELで3次元散布図の機能があると思い込んでて、、、。作ろうと思ったら無かった物ですから。フリーソフト探しても良かったのですが、せっかくなので作ってみました。

 

 作り方です。まずサンプルデータですが、今回は円柱らせんの3軸座標データを準備しました。

 

 ▼円柱らせんの座標データ▼

 x、y、z座標のデータです。z軸方向に伸びていく円柱らせんの座標データです。まず、このデータのままx、y座標の2点を使って、2次元散布図でそのままグラフ化すると、

 

▼xy平面視グラフ(散布図)▼

 x、y座標(2点)の散布図です。xy平面(らせんを真上)から見ているので、「円」に見えます。ちなみにこのデータで、z、x座標の2点で散布図グラフ化すると

 

 ▼zx平面視グラフ(散布図)▼

 円柱らせんを真横(zx平面)から見てます。ただの波打ったラインです。

 

 でこれを3次元散布図っぽくする方法ですが、結局は斜めから見た図を2次元で表現することになるので、座標系を回転して斜めから見た座標でグラフ化すれば3次元散布図っぽく見えるようになるはずです。

 

 ですので、回転行列使って、元データの座標点を回転させます。

 

 ▼3次元の回転行列は▼

で表現(左からz軸、y軸、x軸廻り)されますので、元の座標系(座標点)に行列掛けて回転後の座標を計算します。

<スポンサーリンク>

 

 ▼回転後の座標点▼

 元の円柱らせんデータを、z軸廻りに45度、x軸廻りに30度程回転した座標です。これ見てもよくわからないですね、、、。

 

 回転後のx、y座標点でふつうに散布図グラフ作成してみます。

 

 ▼回転後散布図▼

 3次元散布図っぽくなってきました。

 

 もともとあるグラフの軸と目盛が邪魔です。もともとの軸、目盛は非表示にして、座標系の軸も一緒に散布図で表現してみます。

 

 ▼3次元散布図風▼

 基準座標系の点(ライン)を同時に回転計算させて、系列毎に同時にグラフ化してます。z軸は重なっているのでもともとのグラフ軸はそのまま残してます。

 

 これでだいぶ3次元散布図っぽくなったのではないでしょうか。軸目盛はかなり面倒(手間)なので表現するのはやめました。

 

 ▼末広がりらせんの散布図▼

 ためしに末広がりのらせんも3次元散布図化してみました。

 

 一手間を加えれば、無理やりですがEXCELでも3次元散布図は表現できそうです。ただフリーソフトもちらほら存在するため、そっち使った方が随分簡単だとは思います・・。

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL