Excelで正弦波のグラフに擬似的にノイズを乗せてみる

Pocket

 Excelで正弦波(sin波形)グラフに擬似的にノイズを乗せてみました。簡単ですが作り方を紹介したいと思います。

 

▼比較するためにまず普通の正弦波グラフを作成▼

 普通の正弦波です。

 

ではノイズの乗せ方ですが、sin波形を合成する形で行います。

 

▼こんな感じで▼

 このような式でsin波形を合成します。後者がノイズ用のsin波形になります。ノイズ用はcosでも問題ないかな?

 

▼まずはノイズ成分の周期をこんな感じで細かくします▼

 

▼グラフにするとこのような感じ▼

 このままではあまりノイズっぽくないので、周期にランダム関数を加えます。

 

 

<スポンサーリンク>

▼Excel風に書くとこのような式▼

 ランダム0~1を乗算するので、周期が0~50倍で変化します。

 

▼グラフにしてみるとこのような感じ▼

 すこしノイズっぽくなりました。

 

 ただ、まだこのままではノイズの高さが一定のため、もうひと手間加えてもう少しノイズっぽくしてみたいと思います。

 

▼このような式に変えます▼

 振幅部分にランダム関数と定数を加えてます。

 

▼グラフにするとこんな感じです▼

 割とノイズっぽくなったと思います。

 

 定数の部分をいじればノイズの大きさや周期を変えられると思います。ある程度規則的な部分は残ってしまいますが・・。

 

 ノイズの平滑化を、ソフトでどの程度可能かを検証してみたくて作成したグラフです。あまりこんなことする人はいないかもしれませんが参考になればと思います。

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL