6軸センサー

小ネタ

既知の回転行列から回転軸、回転角度を求める方法

 3次元回転について、その回転行列が分かっている場合、回転軸および回転角度を求める方法の覚書です。  任意の回転軸を\(N=\begin{bmatrix}n_x&n_y&n_z\end{bmatrix...
0
小ネタ

IMUセンサーと四元数(クォーターニオン)

 慣性センサーなど制御系で個人的に使用する式だけ抜き出したたんなる覚書です。  まずクォーターニオン \(q\) を次のようにします。 \begin{align} q = q_\omega + q_xi + ...
0
小ネタ

ドリフト補正を比較(カルマン、Madgwick、相補フィルター)

 6軸センサーなどから回転角度算出する際に発生するドリフトを補正する方法にカルマン、Madgwick、相補フィルターなどがありますが、今回はその3つの方法でドリフト補正した回転角度を比較してみました。 ▼ビジュアルで...
0
小ネタ

9軸センサーモージュールBMX055の使い方、サンプルソース解説

 秋月から9軸センサーモジュール(BMX055)を入手しようとしたら、現在在庫切れとなっていました。販売ページにデータシートとサンプルソースがアップされていたため、物は無いけどとりあえず予習ということで中身を確認してみました。覚書...
0
Raspberry Pi

Raspberry Pi Pico で MPU6050 (6軸センサー)の使ってみる

  Raspberry Pi Pico(ラズパイPico)で6軸センサー(MPU6050)から加速度・角速度値を取得しみてました。開発環境はArduinoIDEで行います。 ▼ArduinoでPicoを使う方法▼ ...
0
Arduino

Arduinoで倒立振子|完成

  ようやく完成です 。着手してからここまででおよそ4ヶ月ほどかかりました。賞味の作業時間は3日間ほどでしょうか・・・・。  最後にパソコンから無線で操縦できようにしてます。(これまでの製作記録はこちら) ...
0
Arduino

Arduinoで倒立振子|PID制御のゲイン調整(いったん完成)

 前回の稼働確認からずいぶんと間が空いてしまいましたが、とりあえず倒立振子としては完成しました。  今回はPID制御のゲイン調整です。結論からいうと、ほぼ現物合わせです。おおざっぱに机上シミュレーションして、各項の効...
0
Arduino

Arduinoで倒立振子|6軸センサーで姿勢角度の算出

 Arduinoで倒立振子です。  前回、回路基板含むハード部分が完成したので今回からソフトウェア(Arduinoスケッチ)の作成に取り掛かっていきます。(これまでの製作記録はこちら) 概要  A...
0
Arduino

Arduinoで倒立振子|回路基板作成

 Arduinoで倒立振子の自作です。  前回まででハード部分が概ね完成したため、今回は回路基板に取り掛かります。(これまでの製作記録はこちらにまとめてます) 回路全体の概要 ▲全体はこん...
0
Arduino

ArduinoでI2C通信の方法

 周辺デバイスとのデータ通信で使われるI2C通信ですが、使うたびにその方法を調べるのも結構面倒です。ArduinoのI2C通信方法を備忘録かねて要点(必要最低限な内容に絞っての使い方)だけまとめておきます。(Arduinoを久しぶ...
0