カメの浮島(陸地)を自作する

3Dプリンター

 カメの浮島を3Dプリンターで作成してみました。

▼今の家▼

 最近小さくなってきてたのでもう少し大きいものに変えようといろいろ探していたら

▼こんなもの見つけまして▼

ビバリア ピタッとランド L サイズ

新品価格
¥2,200から
(2021/12/26 17:03時点)

 なんか自分でも作れそうだったのと、サイズをカスタマイズしたかったので真似て作ってみました。

▼3Dモデル▼

 さっそく3Dモデルを作成しました。オリジナルは吸盤で水槽に固定しているのですが、3Dプリンターで造形することを考えると若干構造が複雑になってしまうため、磁石での固定できるようにしてます。

▼造形して取り付け▼

 いろいろ写真を撮り忘れました。。それぞれで造形した本体とL字ブラケットをボルトナットで固定。ネオジム磁石で水槽に貼り付けてます。材質はPLA(白)

 少し警戒した感じでしたがすぐに乗ってくれました。これなら水深を自由に設定できていいですね。 貼り付き強度が少し心配だったのでネオジム磁石は2枚重ねて磁力をアップしてます。隠れ家としては微妙かもしれません。

 PLAの耐久性(劣化)が少し心配ですが、しばらく様子見です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント