個人向け3Dプリンター 3DP-22(CR-10S) レビュー

 ようやく3Dプリンターを手に入れました。何年も前から欲しかったのですが、割と高価なのと種類が多くて中々手がでなかったのですが、思い切って購入しました。

 

 購入したのはHICTOPの「3DP-22」という機種です。がどうもCrealityの「CR-10S」と同様のもののようですね。

HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 高精度 大容量造形サイズ 多種なフィラメントに対応できる 工業級3Dプリンター (3DP-22)

 海外では割と人気の機種のようで、AmazonでもCrealityや日本の販売店などからも出品があるようです。値段が若干安かったのとレビューも悪くなかったのでHICTOPから購入しました。この手の機種は似たようなものが多数あるのですが、値段の割には精度が良いもの、ということでこの機種にしてます。

 

 半組み立て品となっているため組み立ては簡単で、ねじ数本と配線繋ぐだけと短時間で完了です。販売サイトでは10~20分で完成と謳ってました。が開封して中身確認するだけでそれなりに時間は掛かかります・・。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

梱包状態

 しっかり緩衝材が詰まってます。

 

組立て

 いっきに組み立て完了ですが、確かに簡単です。海外サイトやYoutubeなどで組立てや調整方法などが多数アップされてます。実際にはそのあたりのサイト参考にして細かいところをメンテしながら組み立ててます。それでも2時間ほどで完成。

 

テストプリント

 さっそくテストプリントしてみました。最初は付属のSDカードに入っていた猫の置物のようなものです。

 

▼3Dデータ▼

 このデータのGコードが添付されていたのでそのまま印刷してみました。

 

▼出力結果▼

 高精度な設定になっているのか出力時間がすごく長そうだった途中で止めました。ここまでしか出力してませんが個人的には申し分ない精度です。写真では分かり難いですがお腹のあたりの「福」の字もくっきり印刷されてます。

 

 次によくベンチテストで目にする船のstlデータをダウンロードして印刷してみました。

 

▼船 3Dデータ▼

 このSTLデータからCura3.2.1でGコード生成して出力してみました。積層ピッチ0.2mmで出力してます。

 実はこの動画撮るのに一回失敗していて、、二回目のプリントです。

▼出力結果▼

 割ときれいに印刷できていると思います。サンプルで200gほどフィラメントが付いていたのですが、そのサンプルフィラメント少し透明掛かっていて光沢があり非常にきれい。サポートに材料の詳細を問い合わせたのですが、何故か売り物ではないと、詳細教えてくれなかったです・・。

 

まとめ

 サンプルフィラメントを使い切った感想です。

 

 多少調整しながらですが、ほぼ組立てたなり(ベッドの高さ調整のみ)で特に失敗もなく、これだけ印刷できれば個人的に十分な精度です。

 

 工作の幅も広がりそうですし、これからいろいろ作って遊べそうです。今後はこのブログでも3Dプリンターや3DCADに関することをちょこちょこ解説、紹介していきたいと思います。

 

コメント