FusionPCBへ基板発注してみました

Pocket

 

 FusionPCB(SeedStudio)で基板発注してみました。

 

 現在(2018/4)、$7.9基板(送料無料)というセールをやっていることと、サイトが日本語化されていたので利用してみました。安い変わりに基板仕様には少し制約があり、輸送会社はシンガポールポストの一択です。

 

 趣味の工作で基板作っている私にはこれでも十分。安さが魅力です。

 

 基板ルールも日本語で、有名どころの基板Editaごとの解説もあるため注文するまでは結構すんなりいきました。

 

 が送付したガーバーデータに不備があり連絡がきたのですが、その際のやり取りは英語でした・・。

 

 何通かやり取りしたのですが、埒が明かないので日本語サイトのサポートへ内容を連絡。すぐに返信がきて、内容を確認するとのこと。

<スポンサーリンク>

 

 その後しばらくしたらメールが来たのですが英語でした・・・。結局、ガーバーデータを作り直して、再送付することで受け付けてもらいました。(追加費用$10払えばそのまま作ってくれると言われたのですが、新規で$7.9なのでかえって高くなります・・。)

 

 その後、進捗などのメールが日本語で来るのですが、メール内にあるサイトへ移動すると、すぐ英語サイトへ飛ばされます・・。英語が苦手な私にはちょっと残念な感じです。

 

 結局、4月9日に注文して、届いたのが5月1日でした。運送会社もシンガポールポストなので時間が掛かるのは仕方無いですね。

 

 届いた基板は全く問題なかったです。

 

 キャンペーンがいつまでやっているのかわかりませんが、非常に安いので時間が掛かって良いという方にはおすすめです。

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL