ドローンの信号ノイズを確認してみる

Pocket

 

 アバウトな方法ですが、ドローン(クアッドコプター)から発生する信号ノイズを確認してみました。

 

 ブラシレスモーターはArduino(ESC経由)で回転、モーター回転中の配線廻りから発生するであろう信号ノイズを測定してます。

 

 ほんとはきちんとしたオシロスコープ等で測定したかったのですが、持っていないので九州工大さんが公開している「Arduino簡易オシロスコープ」を使って測定してみました。

 

▼測定結果▼

<スポンサーリンク>

 だいぶ微妙ですが・・。Arduino2台持っていないので、簡易オシロにはProMini使用。モーターはmaxで回転させてます。

 

 結果を見る限りでは、「ESC」⇔「モーター」間の信号線でノイズが大きく発生しているようです。当然といえば当然です。

 

 この結果でどうこう何かするわけではないのですが・・・。「Arduino簡易オシロ」でどこまでみれるかなと思って・・。普段使ってる分には非常に役に立っているのですが今回の内容ではさすがにきつい感じです。

 

ドローンの製作記録はこちらにまとめていってます。

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL