ドローンの自作|テスト飛行②(屋外)

Pocket

ブラシレスモーター 分解 3Dモデル

 自作ドローン(クアッドコプター)のテストフライト2回目です。

 

これまでのドローン製作記録はこちらに纏めていってます。)

 

 姿勢制御プログラムを修正して、屋外でテスト飛行してみました。なかなか近所で飛ばせるところが無くて、ようやく見つけた場所です。

 

 場所は河川敷。航空法や条例が心配だったので念のため、県の河川事務所に利用について問い合わせたところ、自由範囲内の行為です。事故に十分に注意してくださいね。って、返信頂きました。これで安心?して飛ばせます。

 

▼テスト飛行の様子▼

 自作プログラムが信じられないため、飛んでいかないように動画前半はひもでつってます。後半はひも外してます。

<スポンサーリンク>

 

 個人的にはそこそこな飛行(制御プログラム)ができたかなと思ってます。ただ、ほとんどラジコンをやったことのない私にはドローンを操作するのは非常に難しい。すぐフレームアウトしまいます。

 

 飛行中の情報をリアルタイムでPCにモニタできるようにしてあるのですが、操作に必死でまったく見ている余裕がありません・・・。

 

 今回のテスト飛行でプログラムもいったん区切りがついたかなと思ってます。今後は機体をもっと軽くして199g以下を目指すか・・、もう少しセンサー増やしてプログラム見直して、可能な限り自律飛行を目指すか・・。

 

 いろいろ継続してやっていこうと思います。

 

これまでのドローン製作記録はこちら

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

  1. Anon. said on 2018-01-15 at 23:59

    屋外飛行の方うまくいっているのではないでしょうか。
    やはり姿勢制御のみの場合、風の影響で流されてしまいますよね。
    姿勢制御と位置制御を組み合わせれば安全に飛ばせると思います。
    ちなみに機体の方は軽量化の余地がかなりあるので検討してみるといいかもしれません。
    もしよかったらコンタクトしてください。

    • imo said on 2018-01-16 at 20:20

      いつもサイトを拝見頂き有難うございます。
      今はセンサー増やして位置、高度制御を絡めていきたいと思っております。
      GPS、気圧や超音波センサーなど、またいろいろ難しそうで・・・。
      楽しみながらやれればなと考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL