3.3V駆動 自作モータードライバ

Pocket

 子供の壊れたラジコンをスマホでコントロールできるように改造しようと思ったが、結局、なんだかんだとモータードライバまでを自作しました。

 

 Bluetoothモジュールを使いモーターを制御しようと考えたがスマホとの通信部分PIC24FJ64GB002を使用しているため、Bluetoothモジュールは3.3V駆動。

 

 モータードライバーICを探してみるとなかなか3.3V駆動でいいのが見つかりません。レベルシフトしてもよかったのですがこの際、勉強も兼ねて3.3Vで駆動するHブリッジのモータードライバーを自作してみました。

 

回路図はこんな感じです▼
0023_motorDriverCirkit2本の信号線でモーターの正転逆転を制御している。

In1-->HIGH(PWM)
In2-->LOW      で正転

In1-->LOW
In2-->HIGH(PWM)   で逆転

※In1、In2を同時にHIGH(PWM)にしないこと!

 

 入力信号をPWMで行えばリニアではないがスピードコントロールも可能。
ユニバーサル基板で試作してみました。
0002_motorDriver 基板にはbluetooth通信も搭載。PIC24FJ64GB002でスマホとの通信部分とモータードライバーの制御を行ってます。

<スポンサーリンク>

 

 ユニバーサル基板の余白があったので2個のモータを制御できるようにしてみました。さっそくラジコンに搭載してスマホからBluetoothコントロールしてみたが問題なく走行可能。

 スピードコントロールできるためもとよりスムーズな走りかも・・。スイッチング制御なので特に発熱もなくいい感じ。

 
 スマホアプリは以前作った4chコントローラーアプリを使用。

 

 

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL