3DCADで電子パーツをいろいろモデリング(Fusion360)

Pocket

 クアッドコプター(ドローン)のフレーム設計をするために、構成部品になる3Dモデルを準備しているところです。まずは制御基板の電子部品をいろいろとモデリングしてます。使用している3DCADはFusion360。

 

 準備した3Dモデルはこちらになります。画像はクリックすると拡大します。

 

▼Arduino101▼

 クアッドコプターの姿勢制御、送受信の全体を行ってもらうつもりです。101であればBLEと6軸センサーが内蔵されているため検証が便利そうです。

 

▼基板用の電子パーツいろいろ▼

 モーター制御やその他に使用しそうな、基板用の電子パーツ類です。今のところ、これぐらいの部品を使用しそうです。

 

▼送受信用の電子パーツ▼

<スポンサーリンク>

 Bluetooth送受信するための電子パーツです。101のBLE通信を使用する予定なのですが、BLEはなかなか難しいところがあります。最悪SPP通信できるように準備するつもりです。

 

 もう少し電子パーツのモデルを揃えたら、回路図作って、クアッドコプターの制御基板をモデリングするつもりです。最初はここまで細かく構成部品をモデルするつもりはありませんでした。フレーム設計するのに必要最低限な外形を簡単にモデルするだけのつもりだったのです。

 

 ただ、CADの使い勝手が良く、結構リアルに描けるため楽しくてここまで描きました。(レンダリングされた3Dデータを眺めているだけでも楽しいです)ほとんど自己満足なだけで無駄ですが。。。この調子だと、目的のフレーム設計までなかなかたどり着けません。

 

 Fusion360のギャラリーにも少しづつデータアップしていきますので宜しかったらご覧ください。

 

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL