APP Inventor でマルチタッチ

Pocket

 App Inventorを使っていろいろアプリ作成をしたり試行したりしているがApp Inventorはどうもマルチタッチには対応していない模様。

 いろいろ検索してみたらマルチタッチをInventorでやっている人がいたので参考にして試してみました。この手の情報サイトは英語圏のものが多く、情報を読み取るまでにずいぶん時間を使ってしまいました。

 

 かなりこった内容で実施しているものもあれば中途半端な対応をしている内容もありましたが、今回はその中でも割と簡単に実践できるマルチタッチの実装方法を紹介します。

 

 方法としては、まずアプリを作成する際のCanvusを2個以上配置する必要があります。マルチタッチはその各々のCanvusで可能。一つのCanvus上でマルチタッチはできないようです。

<スポンサーリンク>

 

 まずはアプリをふつうに完成させる。その後、普通に.apkファイルとして出力する。ここからがポイントとなりますが、作成したアプリのマニフェストファイルのSdkバージョンを11以上にあげるとマルチタッチに対応します。

 

 Sdkバージョンは、「AppToMarket_v32」等を使用して直接マニフェストファイルの修正やってみたところCanvusを2個配置し、そのCanvus上で確かにマルチタッチができることを確認しました。この方法ならば割と簡単にマルチタッチができると思います。

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL