3DプリンターでWebカメラのアームマウントを作る

 Webカメラのアームを3Dプリンターで作成してみました。

▼今まではこんな感じ▼

 段ボールの上にWebカメラを置いるだけで、少し寂しい感じでタイムラプス撮影したり、遠隔で閲覧したりしてます。せっかく3Dプリンターがあるので簡単なカメラマウント(アーム)を作ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3Dモデル

 Webカメラを支えるマウントの3Dモデルです。

 3DCADはFusion360を使用してます。3Dプリンターのアルミフレーム(構造材)に直接引掛けるイメージでアームを伸ばしてます。カメラは引掛けるだけ。

 節部分はボルトとめねじで締め付ける構造です。おねじ、めねじも3Dプリントで成形します。

 保有している3Dプリンターはベッドがy軸稼働するタイプです。ですのでほんとはアームをベッドに固定した方が被写体(造形物)が動かなくていいのですが、、、。今回はフレームに固定する方法を取りました。

3Dプリンターで出力

▼出力した部品▼

 おねじ、めねじのある部品は積層ピッチ:0.1mm、それ以外は積層ピッチ:0.15mmで造形してます。

 ねじ嵌合は0.1mm~0.25mmのクリアランス設計で、現物はきつくもゆるくも無く良い感じで出来上がりました。(ねじ断面はオリジナルで設計してます

▼カメラマウント状態(組立て後)▼

 完成です。

 段ボールの上に置いてるだけよりはだいぶましだと思います。3Dモデルを作るだけで、割と手軽に物が作れてしまうという3Dプリンターはほんとに便利だと思います。

コメント