倒立振子(その4)タイヤを換装

Pocket

 前々からチャレンジしている倒立振子だが調整繰り返してトライしていたが、結局うまく倒立できず。キャタピラからタイヤに換装して再チャレンジです。

 

 以前の躯体はこちら▼
0017_

 キャタピラでうまいこと倒立振子している動画をどこかで見たことがあったので、同じことができると思いずっとチャレンジしていた。

 

 が、私の技術では惜しいとこまでいくが結局ダメでした。キャタピラでは走行速度が遅すぎてるせいなのか倒立できない。どうしても立たせたくなったのでタミヤ工作シリーズのタイヤを準備しました。

 

▼こちら
0037_invertedpendulum_20037_invertedpendulum_3

タイヤ部分だけ息子に作らせてみたが途中で挫折。すごく簡単なのに・・、不器用です。

 

▼完成品
0037_invertedpendulum_4

 

▼さっそくタイヤに換装してみました。
0037_invertedpendulum_1

 Arduinoはキャタピラ外せばまっすぐ搭載できるかたと思ったのですが、固定穴ピッチの関係で結局傾いたままです。キャタピラ車より少しすっきりしました。

<スポンサーリンク>

 

 先端についているのはBluettoth送受信機、裏側にWiiモーションプラスから取り出したジャイロが搭載してあります。ジャイロからの情報をI2C通信でArduinoへ渡し、Arduinoで制御⇒モーターへPWM出力してます。

 

 タイヤの径が変わったため制御式のゲインを調整。このゲイン調整と制御式の計算結果をPWMの分解能範囲に収める調整に苦労しましたが何とか倒立することに成功しました。

 

▼わかり難いですが・・。
0037_invertedpendulum_6 0037_invertedpendulum_5

 長時間の倒立は無理ですが数分~数十分くらいなら倒立します。すごく小刻みな動きなのでもう少しスムーズにしてみたいところです。

 

 参考にさせて頂いたサイトではProccesingでリアルタイムモニタしているのですが、Bluetooth送受信機のせているのでスマホでモニターできるようにしてみたいと思ってます。

 

 

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL