日産セレナ純正ナビでSDカードから動画再生する方法

 日産セレナの純正カーナビでSDカードに保存した動画を再生する方法です。

 今回約10年ぶりくらいにナビを変えました。前の楽ナビでもSDカードの動画ファイルを再生していて、新しいナビでもその動画ファイルそのままで再生できるかと思ったのですが動画形式が違うようで、再生どころかファイル認識すらしませんでした。日産セレナの純正ナビで動画再生できるエンコード(変換)設定方法やその変換に使用したソフトを紹介します。

スポンサーリンク

事前準備

 使用できるSDカードは2GB~2TBまでSD規格準拠のカードとなってます。なぜか512GB以下が推奨となってます。対応するフォーマットはFAT16、FAT32、exFATのいずれか。

 マニュアルには初期化(フォーマット)は本機で行って下さい、、と書いてあったのですがナビでフォーマットする方法が分からなかったのでパソコンでフォーマットしました。

 エクスプローラーの「PC」画面で「SDカード」を右クリックでフォーマット。

 でこのSDカードに動画を保存するのですが、再生できる動画形式にルールがあってその形式に動画をエンコード(変換)する必要があります。エンコードには「XMedia Recode」というフリーソフトを使用してます。

 「XMedia Recode」自体のインストール方法や操作方法はいろいろなサイトで紹介されているのでここでは細かく触れません。ナビで再生したい動画データを開いたところからの説明です。

XMedia Recodeで動画変換

 ナビで再生できる動画形式を確認です。

▼動画形式(マニュアルより)▼

◆映像
 コーデック  :MPEG4
 プロファイル :H.264 Main Profile、High Profile、Baseline Profile(レベル3.1まで)
 ビットレート :216kbps~8Mbps
 フレームレート:最大30fps
 解像度    :最大1280x720

◆音声
 コーデック    :AAC Low Complexity
 ビットレート   :8kbps~320kbps
 サンプリング周波数:16kHz~48kHz

ファイルサイズ:2GB以下

 一部抜粋。この形式に合うように動画変換を行います。2時間程度の映画などを割といい画質で変換した場合にはファイルサイズが2GBを超える可能性もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

形式タブ

 まずは形式タブからです。

 形式は「MP4」、ファイル拡張子も「mp4」にします。

映像タブ

 次に映像タブの設定内容です。

 ここは好みでいろいろ弄る所ところかと思います。フレームレートは30fpsまで対応してますが「23.967」にしてます。ビットレートは1500~2000kbpsくらいで設定、プロファイルはHigh、レベル3.1にしてます。それ以外は特に弄ってません。一般項目以外にも非常に多く設定できますが他は何も触りませんでした。

音声タブ

 音声タブの設定です。

 特にデフォルトのままでも問題ないですが、ビットレート192kbpsにして少しだけ良くしてます。

クロック/プレビュータブ

 解像度の設定をします。

 ナビの適応最大解像度が1280x720なのでそれを超えないようにします。あとここでもいろいろ設定できるのですが他には特に触らずデフォルトのままにしてます。

 設定内容は以上です。この内容でエンコードして変換は完了。で変換した動画ファイルをSDカードに保存して作業完了です。ナビにSDカード挿入してAVソースのSDを選択すれば動画を見ることができると思います。

  以前のナビではそこそこ変換形式を調整しないとナビで再生することができなかったのですが、昔に比べたらだいぶ設定のストライクゾーンが広くなった気がします。設定の上限値だけ気にしていれば再生できそうな感じでした。

 これで煩わしいディスク交換から解放されましたが、今はスマホとかiPhoneとかいろいろ接続できますし、、昔ほどSDカードからの再生が便利というほどでもないかもしれませんね。

コメント