Fusion360で削除できないファイルを削除する方法

 たまに、このファイルは「製造関連ファイルで参照されていて削除できない」とかいったエラーで削除できないファイルがあります。そのファイルを調べてみててもどこにも参照されてなく、エラーの意味が不明で削除する方法がわかりませんでした。

 こんなファイルがそこそこあってずっと放置していて少し気持ち悪かったのですが、今回偶然削除する方法が分かったので紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

削除できない現象

▼消せないファイル▼

 削除しようとするとこんなエラー(参照されているため削除できません)がでる場合があって削除できないときがあります。

▲そのファイルの詳細確認しても、こんな感じでどこからも参照されていない状況なのに何故か削除できない状態です。

 どうしようもないのでこういったファイルは放置していたのですが、ゴミファイルが増えてしまって気持ち悪いです。

削除方法

 ざっくり手順だけ言うと、まず「空のプロジェクトを作成」、「そこへ削除したいファイルを移動」。そのプロジェクトを「アーカイブしてから削除」するだけです。

 この作業は、アプリ上のデータパネルよりもブラウザ上(WEB上)のデータ管理画面のほうがやりやすいのでその前提で説明です。

▼まず空のプロジェクトを作成▼

▲データ管理画面(ホーム)の右上にある「プロジェクトを作成」をクリックして空のプロジェクトを作成します

▲で「削除したいファイル」を「作成した空のプロジェクト」の中へ移動します。ここでは「test」というプロジェクトを作成してその中に削除したいファイルを移動してます。その後、「testプロジェクト」をアーカイブします。マウスオーバーして、右側にある下向き矢印へマウスを持っていくとアーカイブできます。その後画面上にある「アーカイブ」タブをクリックします。

 ▲先ほどアーカイブしたプロジェクトがあるので削除すれば完了です。

 この方法なら削除したいファイルを纏めて削除することも可能。少し裏技っぽいやり方ですがこれで完全に削除することができます。

コメント