Excelでスマホアプリのアイコンやボタンを簡単作成

Pocket

 MITのApp inventor などで使って簡単なスマホアプリを作成することがあるですが、基本的にアイコン関係はデフォルトのまま使用することが多いです。

 

 たまにおしゃれなアイコンとかボタンとか使ってみたいと思って、フリー素材なんか探してみるがなかなか合うものを見つけるのも大変。

 

 今回はExcelで割と簡単にオリジナルなアイコンやボタンを作ってみました。思ったより手軽なのでおすすめです。

 

 さっそく作り方。まずはExcelの図形挿入で四角枠、丸でも何でもいいので作ります。
0047_btn-1

 

 角の丸みとかは適宜好みで大きさ調整して、あとは塗りつぶしのグラデーションで色の具合編集すれば、
0047_btn-2

<スポンサーリンク>

 ちょっと丸みのあるボタン完成です。(デフォルトのボタンに近いですが・・・。)
その他、Excelの効果がかなり豊富なので、3Dやグラデーション、透過、立体的表示とかできます。細かな編集もできるので好みのものも簡単にできます。
0047_btn-3

0047_On

 

 例えばこんな感じです。透過してるのが分かるようにExcelの枠線はあえて残してます。文字も入れてみました。電源ボタンは少し凝ってみました。

 

後は、透過付きであればアルファ値残して.png等に書き出しで置けば簡単にオリジナルのアイコンやボタンが完成です。

 

 

Pocket

<スポンサーリンク>


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL