芝刈り機(草刈り機)を自作

 芝刈り機(草刈り機)を自作してみました。結論からいうとあまりうまくいかなかったです。ただせっかく作成したので紹介だけします。

 ▼3Dモデル▼

 筐体は3Dプリンターで作成するため、3Dモデルを準備しました。ハンディタイプで片手でもって刈り込む感じのタイプです。ほんとはもっと筐体をしっかり作りこみたかったのですがなんか間延びして力尽きてしまいました。Lipoバッテリー、ブラシレスモーター、とスピードコントロールするための可変抵抗器、それらを制御するArduinoを搭載します。

▼3Dプリンター品▼

 3Dプリンターで出力したものです。ハンドルと本体だけの簡単なものです。出力はTOTALで4時間くらいです。

▼組み立て▼

 完成品。モーターの先にはナイロンコードを付けて、これを高速回転することで芝(草)を刈る構想です。

 でソースをArduinoに書き込んで試運転してみました。。。

 刈れることは刈れるのですが、かなりモーターのパワーを上げないと刈れない。ただモーターのパワー上げると振動と音がすごくてハンドで持ったまま作業なんてとてもじゃないけど怖くて使えません。これ以上はモチベーションが上がってこないので断念。購入した方がいろいろ楽そうなので購入することにしました。

コメント